薬剤師の資格を取る方法について

医薬品のスペシャリストと言えば薬剤師ですね。誰でもなれる職業ではなく長い年月をかけて勉強し、資格を取得して初めて薬のプロとして働くことができるのです。
では、どのようなルートをたどれば資格を取得することができるのか確認してみましょう。
高等学校を卒業してから専門の学校に通わなければなりません。薬剤師を養成する教育機関に入学し、6年をかけて豊富な知識と技術を身に付けていきます。1年と2年では物理化学や分析化学、有機化学といった薬の性質を理解する学習と生化学、機能生体化学を学びます。

3年と4年で応用薬学と医療薬学を学んでいきます。1年と2年で学んだ知識をもとに病気を予防する知識や健康のために必要な知識を身に付けていきます。さらに5年目からは実習が入ります。病院や薬局に行って実務実習を行います。
必要な課程を全て修了したら薬剤師国家試験を受ける資格を手に入れます。試験に合格すれば晴れて薬剤師として働けるようになります。

薬剤師 転職

薬剤師の方が転職を希望する理由とは

薬剤師の資格をお持ちの方が働く場所と言えば、真っ先に調剤薬局が思い浮かぶでしょう。調剤薬局での仕事は薬の調剤業務だけでなく、服薬の指導を行ったり会計業務を行うこともあります。
他にもドラッグストアや病院、製薬会社といった職場があります。
薬剤師として活躍している方の中には、転職を希望している方もいらっしゃるでしょう。調剤薬局や病院での仕事なら、安定しているのでなぜ転職を希望するのか気になりますね。その理由を探ってみましょう。
薬の調剤という専門画的な職業ですが、一般的な仕事と同じように待遇面で不満を抱いていたり自分が理想とする職場に移りたいという方が多いのです。待遇面では転職を成功させることで多少給料が上がる場合もありますが、年収にして百万円以上増やすということはなかなか難しいでしょう。ただ、ドラッグストアで経験を積んで将来的に店長になれば高収入も望めます。若干の給料アップでも構わないという方なら、薬剤師専門の求人サイトで理想の職場が見つかるでしょう。

薬剤師 求人

薬剤師の初任給について

薬剤師の初任給は、業種によって異なってきます。一般的には、病院が一番低く、次に調剤薬局、そして、ドラッグストアが一番高くなっています。病院の薬剤師の初任給は、20万円から25万円となっています。年収は、300万円から350万円が相場となっています。調剤薬局の場合ですが、一ヶ月は22万円から30万円くらいとなっていて、年収は350万円から400万円が相場となっています。

最後のドラッグストアですが、一ヶ月25万円から35万円ほどもらうことができます。年収は、350万円から400万円が一番多くなっています。調剤師手当てというものが、5万円から10万円支給されるため、ドラッグストアが一番高くなっているのです。そのほかの勤め先として、製薬会社があります。製薬会社に勤めた場合には、最初は給料が低いですが、生涯賃金は、医療機関で働くよりも高くなっています。製薬会社の場合の初任給は、一ヶ月22万前後となっています。