薬剤師の資格を取る方法について

医薬品のスペシャリストと言えば薬剤師ですね。誰でもなれる職業ではなく長い年月をかけて勉強し、資格を取得して初めて薬のプロとして働くことができるのです。
では、どのようなルートをたどれば資格を取得することができるのか確認してみましょう。
高等学校を卒業してから専門の学校に通わなければなりません。薬剤師を養成する教育機関に入学し、6年をかけて豊富な知識と技術を身に付けていきます。1年と2年では物理化学や分析化学、有機化学といった薬の性質を理解する学習と生化学、機能生体化学を学びます。

3年と4年で応用薬学と医療薬学を学んでいきます。1年と2年で学んだ知識をもとに病気を予防する知識や健康のために必要な知識を身に付けていきます。さらに5年目からは実習が入ります。病院や薬局に行って実務実習を行います。
必要な課程を全て修了したら薬剤師国家試験を受ける資格を手に入れます。試験に合格すれば晴れて薬剤師として働けるようになります。

薬剤師 転職